当院案内 / 寿徳堂 秋和はり灸整骨院 / じゅとくどうあきわしんきゅうせいこついん

土・日・祝日も診療している治療院

はり・きゅう治療について

WHO(世界保健機構)で定められている適応疾患は41疾患もあります。

頭痛、偏頭痛、三叉神経痛、盤面神経麻痺、メニエール病、白内障、急性結膜炎、近視、中心性網膜炎、急性上顎洞炎、急性鼻炎、感冒、急性扁桃炎、歯痛、抜糸後疼痛、歯肉炎、急性咽頭炎、急性気管支炎、気管支喘息、食道・噴門痙攣、しゃっくり、急性・慢性胃炎、胃酸過多、胃下垂、麻痺性イレウス、慢性・急性十二指腸潰瘍、急性・慢性腸炎、便秘、下痢、急性細菌性下痢、打撲による麻痺、末梢神経系疾患、多発性筋炎、神経性膀胱障害、肋間神経痛、頚腕症候群、坐骨神経痛、腰痛、関節炎、夜尿症

そのほか、NIH(米国国立衛生研究所)のより、はり・きゅう療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として有効であると発表されました。

はり・きゅう療法で有効性があるものは、次のとおりです。

系統病名有効性
神経系神経痛
神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
運動器系リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
関節炎・腱鞘炎
循環器系心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系気管支炎・喘息・風邪(予防含む)
消化器系胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝内分秘系バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
生殖、泌尿器系膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
眼科系眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
小児科小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

ページトップへ↑

はり

はり治療、安心の要素

はり治療と聞くと、注射や太くて長い針をイメージし、痛い・怖いと思ってしまうのが普通です。

でも、ご安心ください。当院で使用しているはりは、注射針よりも非常に細いはりです。ほぼ髪の毛ぐらいの細さです。刺すときに少しチクッとしますが、その後痛みはほとんど感じない方の方が多いです(多少個人差があります)。

なお、画像のように、一本一本パッケージされ、滅菌された全て使い捨てのはりです。感染症の心配はありません。

使い捨てのはり
使い捨てのはりなので安心
はり・きゅう治療
はり・きゅう治療 例(背中)
はり治療の良さ
  • 全身の血流を改善し、免疫機能を向上させます。
  • 血流が良くなり、痛みの物質が流れ、痛みが軽減します。
  • 皮膚の下に直接刺激を与えることができます。
  • 痛みの原因に対してピンポイントに治療できます。
  • 外傷から内科疾患まで、幅広く治療できます。
  • 治療効果に比較して、副作用が少ない。
  • 治療も予防もできます。

●治療費:背中側1回2,500円+税、お腹側1回2,500円+税
※部位に関係なく、背中側、お腹側一律の金額です。はりの本数は、症状や患部に合わせて10〜20本です。

顔のはり 安心の要素

症状、状態にあわせて、15~20本のはりを使います。美容になると、大変高額な施術料のイメージがありますが、当院では、他のはり治療と同じ価格にしています。

顔周りのはりは、受ける側は大変緊張するものです。当院では、手順や注意点を丁寧に説明をしてからはじめます。ご安心ください。

顔のはり治療の良さ

顔のはりは、美容だけではありません。花粉症、鼻炎、難聴、頭痛など様々な症状にも効果が期待できます。当院は、それぞれの症状や状態に対応して施術をしています。

●顔のはり治療:1回2,500円+税

顔のはり
美容のほか花粉症、鼻炎、難聴、眼精疲労、頭痛などの改善にも
はりの良くある質問

※当院でも使っているSEIRIのホームページをご覧ください。

小児はり、安心の要素

  • 小児用のはりは、軽く刺激をあたえるものです。皮膚にはりは刺しません。大人よりも皮膚が薄いため、外からの刺激で十分に伝わります。
  • 画像のような道具を使用します。
小児はり
皮膚に刺さず、刺激を与えるだけの小児用はり
  • 赤ちゃんの夜泣きや寝ないなどの場合は、お母さんも一緒に治療を受けて頂いています。
  • 小児はりを担当する院長・副院長は、どちらも2児の父です。医療助手3名は、全員が母親です。
  • 管理栄養士が在籍し、離乳食や幼児の食事について無料相談可能です。

●親子治療費:1回4,000円+税

ページトップへ↑

きゅう

きゅう治療 安心の要素

歴史の長いきゅう治療には、「熱くて、やけどをする。熱いのを我慢するといい。」というようなまことしやかに囁かれる治療伝説があります。今は、我慢しすぎない、熱くしすぎないのがポイントです。 通常は、直に肌にもぐさのきゅうを乗せて、火をつけることはしません。

例外として、逆子治療に用いる直に乗せる小さいきゅうの場合は、必ずきゅう師がそばについて、やけどをしないよう見守ります。

当院のきゅうは、画像のように厚紙の上に乗っているタイプです。

きゅう
厚紙の台座に乗っているタイプ

他に、棒きゅうや枡きゅうなど、肌と空間を作り、間接的に温かさが伝わるタイプのものを使っていますので、やけどになることはありません。棒きゅうは、温きゅうともいい、はり治療を組み合わせて行うことが多いです。

きゅう
間接的に温かさが伝わります
升のきゅう
枡きゅう。お腹や腰に乗せて、全体を温めます。※画像はイメージです。
●治療費:背中側1回1,200円+税、お腹側1回1,200円+税
※きゅうの種類に関係なく一律の金額です。
きゅう治療の良さ
※血流の改善として、はり治療との相乗効果があります。
  • ツボを温めることで、全身の血流を良くなります。
  • 血流が良くなり、痛みの物質が流れ、痛みが軽減します。
  • 血流が増すことで、全身の体温が上がります。
  • 体温が上がると、免疫が上がります。
  • 免疫が上がると、風邪を引きにくくなったり、感染症に対して強くなったりします。
  • 体全体の体温があがることで、妊娠しやすい体になります。
はり・きゅう組み合わせ
はり・きゅう組み合わせ治療例(背中)
●治療費:背中側1回2,500円+税、お腹側1回2,500円+税

ページトップへ↑

予約制 電話番号 0268-23-8137
※治療に関する相談は無料です。その場合はお申し出ください
オンライン予約 24時間オンライン予約
お問い合わせはこちらからどうぞ